梶隆巨と二階堂鮫丸のセブンポーカー勝負後、鮫丸と孫六の命を救うために能輪立会人との賭けが始まり、マルコと李が戦うことに。

戦いは互角に見えたがマルコはやられてしまう・・・・

そして、マルコを賭郎が回収するため注射を打つ

その瞬間マルコの内側に眠るロデムが目覚め、その場を血の海へと変える。

その混乱に乗じ嘘喰いが能輪立会人に近づき

『私の一声でこの惨劇は幕を下ろします。私の要求を飲むか・・・決めるのは能輪さんだ』とつぶやく・・・

嘘喰いが出した条件は賭郎会員との勝負

能輪立会人は要求を飲み嘘喰いは賭郎会員との勝負が決まった・・・・。

そのゲーム名は・・・

~ハングマン~
(変則ババ抜き)

収録巻数

4巻~7巻

対戦者

嘘喰い”斑目 獏” 

VS

テロリスト ”佐田国一輝”

その他協力者・登場人物

梶隆巨 マルコ 鞍馬蘭子 レオ

立会人

賭郎弐號立会人 夜行妃古壱

賭郎拾號立会人 目蒲鬼郎

ルール

1から10のカード2組とババ1枚、計21枚で行われるババ抜き

ババは5種類存在しそれぞれにローマ数字のⅠ~Ⅴのどれかの数字が描かれている。

どのババが使われるかは毎回ランダムで選ばれる。

最後に手元にババが残った方は、書かれた数字分、首つり機ハングマンが組み立てられる。

ハングマンが完成までの組み立て回数は11回・・・・。

先にハングマンが完成した方の負けである・・・・。

負け=・・・・・・・・・

ストーリーちょこっと解説

1回戦

2人で行うババ抜き・・・・

カードが配られた時点でかなりペアが揃っており1回戦から嘘喰い残り3枚、佐田国残り2枚。

ババは嘘喰の手に、数字はⅤ・・・・。

嘘喰いはババを引かせることができず佐田国上がり。

1回戦から嘘喰いはハングマンを5回組み立てになってしまった。

かじちゃんかじちゃん

ばくさん!!いきなり5工程もハングマン組み立てられましたよ💦

ばくちゃんばくちゃん

何焦ってんのかじちゃん。まだ6工程もあるから余裕でしょ~

2回戦

ババは佐田国の手の中、数字はⅣ。

嘘喰いは残り1枚になるが、まんまとババを引かされ、すぐさま佐田国が上がる。

2回戦目も嘘喰いの手元にババが残りハングマン4回組み立て。

ハングマン合計組み立て回数 9回

完成まで残り2回

かじちゃんかじちゃん

ば、ばくさん大丈夫ですよね・・何か秘策があるんですよね・・・

ばくちゃんばくちゃん

だ、大丈夫・・大丈夫・・まだまだこれから~・・・。

3回戦

ババは嘘喰いの手に、数字はⅠ・・・

どんどん追いつめられる嘘喰い、20分の長考が長すぎると佐田国に指摘され、カードを引く制限時間が1分と設けられる。

佐田国にババを引かせられず嘘喰いのハングマンが1回組み立てられる・・・。

ハングマン合計組み立て回数 10回

完成まで残り1回

完全に追い詰められた嘘喰い・・・・

このまま負けてしまうのだろうか・・・・。

かじちゃんかじちゃん

ば、ばくさん・・・・

ばくちゃんばくちゃん

・・・・・・・・・・・・・・・

 

注意!!この先勝敗が書かれてます!!

 

 

勝敗

勝者 嘘喰い”斑目 獏” 

敗者 テロリスト ”佐田国一輝”

獲得物

2億4880万円

まとめ

全ては嘘喰いの計算通りに動いていた。

目蒲立会人と組んで最初からいかさましていた佐田国。

それに気づいた嘘喰いは逆に利用し佐田国を負かす!!

恐るべし嘘喰い!!見開きで佐田国の手札をのぞき込むシーンには驚かされました。

そして、ゲーム終了時、思いもよらない人物が現れる・・・・・。

何が起こっているかわからない展開がとてもおもしろい!!

気になった方はコミックス4巻から7巻をチェック!!


嘘喰い 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)